近所のスーパーのお菓子の福袋はまさにマストアイテム

よくお正月シーズンともなれば福袋が早々に販売され、あっという間に長蛇の列が出来上がる有名ブランド店やデパートの福袋が多い中、我が家やこの地機でひそかな楽しみとなっているのが近所のスーパーのお菓子専用福袋であり、ここ最近のマストオブ福袋となっています。
福袋の多くが衣料品や商品が多い中、我が家の福袋を選ぶ基準は「食品」だけあって特に子供から大人まで間食に食べるお菓子類の福袋は抜かりなく毎年入手している念の入れ用です。
というのも、2500円の福袋でおよそ4000~5000円相当のお菓子が入っている福袋には高級チョコレートをはじめ、普段スーパーではなかなか安売りする事の無い手作りあられや、ご当地特産せんべいなどがどっさり入っているので、私の地域ではなぜかスーパーに並ぶお菓子の福袋の争奪戦が始まるのは毎年恒例行事なんです。
特に当たりは、缶入りのお土産菓子がドンと入っている場合が多く重さで判断して皆思い思いの福袋を下げレジへと並ぶのであっという間にお菓子専用福袋は売り切れてしまうのです。
しかし量的にはずれかな?と思っていてもスーパーの商品券が中に入っていたりもするので主婦層には大人気の福袋なので、福袋の時期になると町内中でお菓子の交換や、子供のお使い土産としてお菓子が行き来する事にもなります。
賞味期限の在庫品と言われればそうかもしれませんが、ちゃんと賞味期限は当年度の10月や11月になっている物ばかりなので、そのころには既に胃袋に入ってしまう為残っている事はありません。
時には普段絶対買わないであろうお菓子が意外にも美味しかったり、超絶固いおせんべいが紛れていたりと福袋ならでわのびっくり箱的要素も含んでいる為家族でワイワイしながら楽しめるお菓子の福袋なのです。
スーパーにとってはあまり売れない商品でも一度でも食べてもらえれば美味しさが分かりますという自信から中に入れている商品もあるそうで、実際それがもとで地区の名物に選定されたお菓子も出来上がったほどです。
世の中には色々な福袋がありますが、大人も子供も男女問わず楽しめるお菓子の福袋は今後もずっと買い続けていきたい福袋です。
最近は、スーパーの福袋も福袋予約できるところが増えてきていますよね。福袋ファンにはありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です