コンタクトレンズないと生きれない

わたしは、小学校高学年のころから目が悪くなり始めました。最初は、小学生だったのでメガネをかけていました。そのときは、メガネでよかったのですが中学校に入学し部活に入りだしたとき、メガネって汗をかくとくもって見えない、ずっとかけていると目と目の間に跡ができて消えないし、痛いんです。それを考えてクーパービジョンのワンデーアクエアという使い捨てコンタクトレンズにしました。それが、中学2年生のときです。目の中に自分の手で異物を入れるのは初めは怖かったです。そして、目の中にいれた瞬間視野が広がって、回りがはっきり見えたのです。何年ぶりの解放感、爽快な気分になったことでしょう。コンタクトレンズは、ハードとソフトがあります。当時は、部活をしていたので動くとなくなりやすいハードはやめました。わたしは、ソフトレンズを選びました。

コンタクトレンズをつけるのに一生縣命練習しました。目が傷つかなか心配はありました。しかし、メガネではわからない、慣れるとつけているのも違和感がなくなりました。その後、ずっと愛用しています。シードのコンタクトレンズから始まって、今は使い捨ての2週間のコンタクトレンズを使用しています。2Week aquairです。自然と目になじみます。わたしは、よく目が乾くので涙が足りないと眼科の先生に言われました。なので、なるべく目が乾燥しない水分を補ってくれるようなこのコンタクトレンズを使っているのです。使い捨てだと、お手入れも簡単なのでずぼらなわたしにはぴったりです。たまに、忘れてコンタクトレンズをしたまま寝てしまうことがあります。まずいことなのですが、わたしはやってしまうので皆さん、気をつけてください。コンタクトをしたまま寝ると、目に負担をかけてしまいます。

コンタクトレンズを使用するとき装用時間は正しく守ることが大切です。わたしは、コンタクトを長くつけすぎて、目に炎症をおこしたことがあります。爪も短くきってくださいね。目に入れるとき、傷をつけないように気をつけてください。わたしは、傷ができてしまい当分メガネ生活を続けていました。